旅行好きは常識の国内旅行のプラン

もしかしたら旅行好きの皆さんにとっては古臭い情報となってしまっているのかもしれませんが、国内旅行に関する情報を収集していきたいと思います。

砂浜に置かれた旅行の荷物

荷物

国内旅行に持っていくキャリーバッグを選ぶ基準ってあるの?

更新日:

持ち運びが便利なキャリーバッグ。海外旅行は当然として、国内旅行でもキャリーバッグを持っていく人は多いのではないでしょうか。

今回は旅行のお供のキャリーバッグの選び方について、ご紹介します。

宿泊日数でキャリーバッグを選ぼう!

キャリーバッグは、中に入れられる容量によってサイズが違います。具体的には30~90リットル以上のサイズが、キャリーバッグにはあります。

その様々な大きさがあるキャリーバッグの中で、どれを旅行に持っていくかは宿泊日数で決めるのがおすすめです。比較的小さな30~49リットルは、2泊3泊の旅行におすすめのキャリーバッグです。

30~49リットルのキャリーバッグはちょっとしたお出かけや買い物にも持っていけるので、一家に一つは持っておくと便利です。

3泊~5泊の旅行は、50~59リットルのキャリーバッグがおすすめです。このサイズだと短期の海外旅行にも持っていけるので、国内・海外兼用で使うと無駄が省けます。

5泊~7泊の旅行は、60~89リットルのキャリーバッグがおすすめです。このサイズになるとキャリーバッグも大分大きくなり、持ち運びも少し大変になります。

ただし、60~89リットルのキャリーバッグは海外旅行にも十分なサイズなので、海外旅行用に一つ持っておくのもおすすめです。

また、飛行機に乗って国内旅行をする場合、幅、高さ、奥行きの3辺の和が115cm以内、各辺も55cm×40cm×25cm以内のキャリーバッグである必要があります。

国内旅行で飛行機を利用するなら、キャリーバッグの大きさに注意してくださいね。

強度はそこまで重要視する必要はなし!

国内旅行用のキャリーバッグの場合、強度はそこまで重要視する必要はありません。海外の場合は治安などの問題で強度は重要ですが、日本国内は比較的治安が良いので、強度はそこまで心配しなくても大丈夫です。

逆に国内旅行の場合は、強度よりも軽量で持ち運びが楽かどうかを基準にするのがおすすめです。出来るだけ軽く、スムーズに運べるキャリーバッグを選びましょう。

ただし、海外旅行と兼用のキャリーバッグを買う場合は、強度も重要になります。キャリーバッグの使用用途を考えて、強度重視か軽量重視かを決めましょう。

キャリーバッグは旅行以外にも様々な使用用途があるので、一つは持っていると便利です。この記事を参考にして、ぜひ、自分に合ったキャリーバッグを選んでみてくださいね。

国内旅行に持っていくキャリーバッグの選び方とは?

-荷物

Copyright© 旅行好きは常識の国内旅行のプラン , 2019 All Rights Reserved.